1. ホーム
  2. 職業別
  3. ≫学生

学生

学生借りる
学生でもアルバイトをしていればカードローンからお金を借りることができます。アルバイト等していなくて収入がなければ借りることはできません。

ただ大手消費者金融や銀行カードローンの申込条件は、20歳以上となっていることが多いため、未成年は利用できません。

未成年であれば、学生ローンを扱っている消費者金融や、クレジットカード(キャッシング枠)を利用すると現金を借りることができます。その場合は親の同意が必要となるケースがあります。

使い道は学費と限定されることはなく、旅費等として使っても問題ありません。学生ローンは年収の1/3までとなるため、高額な借入はできません。

学生がカードローン審査で気を付けること

審査のポイント
  • クレジットの返済を滞納しない
  • 携帯料金(本体代)を滞納しない
  • アルバイトの期間は短いより長い方が有利
  • 学生がカードローンからお金を借りても1社でしょうから、他カードローン会社の返済が審査に影響することは考えにくいです。

    ただ説明したようにクレジットカードは、未成年でも利用することはできるため、その返済が遅れると、カードローンの審査に悪い影響が出ます。

    カードローンの審査では、信用情報をチェックして他社の返済状況を確認します。その中にはクレジットの返済状況が含まれています。

    クレジットカードと同じく、携帯料金の返済が遅れると審査に悪い影響が出ます。

    ただスマホやタブレットの本体を分割返済している人が対象となり、一括で購入している人に影響はありません。ただスマホの本体代は高額となっているため、学生の多くは分割払いをしていることが多いと思いますので注意が必要でしょう。

    そしてアルバイトの勤続年数は短いより長い方が審査には有利となります。期間が短くても構いませんが、日払いや1日~2日のアルバイトを繰り返している場合は、審査に通りにくいでしょう。

    勤続期間が長い人は銀行カードローンから低金利で借りれる可能性はありますが、短い人は消費者金融に申込することをおすすめします。

    学生ローンは卒業までに完済する必要はある?

    「学生がお金を借りる」で思いつくのが奨学金です。奨学金は学生時代の返済する必要なく、卒業後に返済を始めることになります。

    一方学生ローンは借りればすぐに返済がしなくてはいけませんが、卒業までに完済する必要はありません。卒業後の完済でも問題はなく卒業後に再度利用できる学生ローンもあります。

    学生の間は収入が少ないから最低返済額だけを返済して、社会人となり収入が増えれれば、返済金額を増やしてもいいかもしれません。

    内定があれば借りることができる?

    内定決まっている段階では、まだ収入があるわけではありません。学生の場合、卒業旅行等でお金が必要となることが考えられます。

    ただ内定があるというだけでは、審査に通ることは難しくなります。法律で消費者金融からは本人に安定した収入が無いと借りることはできません。つまり内定があるというだけではダメですが、アルバイトをしている状態であれば通る可能性はあります。

    銀行カードローンは、収入がなくても、内定があるというだけで借りれる可能性はあります。内定先が公務員や大手企業となれば審査には有利となります。ただ出社前ですが、在籍確認を行う銀行があるので注意が必要です。

    内定者は消費者金融に申込をする時は、勤務先はアルバイト先を入力しましょう。銀行カードローンは、収入がなければ内定先、収入があればアルバイト先と内定先は電話で伝えても問題ありません。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    コメントする


    ※メールアドレスは公開されません。