1. ホーム
  2. お金借りる知識
  3. ≫即日でお金を借りる理由とは?借りられるのは消費者金融

即日でお金を借りる理由とは?借りられるのは消費者金融

即日お金借りる
即日(今日中)にお金を借りる必要がある時とはどんな時なのでしょうか?

お金を借りる理由

●生活費
●趣味・娯楽
●自営資金
●医療費
●冠婚葬祭

生活費を借りる

生活費(食費、水道・光熱費、家賃やローン等)を放置しておく人は、ほとんどいないでしょう。生活費が足りないということは、前もってわかるため、お金を借りるにしてもう少し早く申込をするでしょう。

生活費としてお金を借りるのは仕方ありませんが、生活水準が高くないかを見直すして、それ以上借金を増やさないようにしましょう。

趣味・娯楽費を借りる

趣味や娯楽のお金は前もって必要かわかります。ただ、例えばバーゲン等で欲しい物が安く売っていてお金がないという時であれば即日でお金を借りる理由としては考えられます。その前に借りてまで買う物なのかは熟慮することが必要でしょう。

また急な飲み会のお金を借りることがあるかもしれませんが、お金を借りてまで行く飲み会って会費はいくらなのか?高くても5,000円位のもので、その程度は持っておくようにしましょう。

趣味や娯楽は〇月×日といったように計画を立てるもので前もって用意するもので即日は必要ないでしょう。突然の誘いでも、お金を借りてまで行くのではなく、本当に必要がまずは考えましょう。

自営資金を借りる

自営資金で即日必要ことは考えられます。今日までに振込しなければならないと期限はありますが、今日言われて、今日振込しなければならないということは多くないでしょう。

収入=生活であるため、自営業者の場合は、即日でお金か借りたいというわけではなく、「早く審査結果知りたい」即日審査という意味合いが強いのでしょう。

医療費を借りる

急なケガや病気で入院をするとお金が必要になります。入院費用は、退院時や後日清算ということになるため、退院後にお金を借りて精算できるため、即日で必要はないでしょう。

また退院後に通院が必要な人も出てくるでしょう。この場合も、お金は前もって用意することができます。通院費が払えないようであれば、カードローンからお金を借りる前に、高額療養制度や医療費控除などの利用を検討しましょう。

冠婚葬祭費を借りる

即日でお金を借りる可能性があるのは、いつ起こるかわからない葬式でしょう。遠方の親戚が亡くなれば、香典や旅費等で結構な金額が必要となるでしょう。

遠方の結婚式は、祝儀や旅費等でお金は必要となりますが、何ヶ月も前に分かっているため、即日でお金を借りる必要はないでしょう。

支払期限が今日までなので借りる

今まで紹介した理由で即日お金が必要となるのは、今日中に支払をしなくてはいけないからです。支払日まで何とか金策をしたが結局工面できず、支払期限ぎりぎりでカードローンで申込をすれば即日融資が必要です。

お金を工面する方法は、親、兄弟、知人、保険解約等いろいろとあります。カードローンへ申込をして審査に通っても、必ずお金を借りる必要はありません。

ぎりぎりまで待って工面できない時に初めて、お金を借りるようにすれば問題ありません。工面できたのであれば、使わず解約してもいいでしょう。

カードローンは、ATMや振込ですぐに借りれることがメリットです。必要なくてもいざという時のために持っておいてもいいかもしれません。

審査時間が短く即日キャッシングできるのは審査が甘いのか?

審査時間が短いと、審査がきっちりしていない(甘い)のではないかと考えるかもしれません。消費者金融の審査時間は最短30分と短くなっていますが、全部の審査が30分で終わる訳ではありません。

決して適当に審査しているわけでも、無審査で融資をしているわけではありません。ただ消費者金融には審査のノウハウがあるから審査時間を短くすることができるのです。

証拠として審査時間が短いプロミスとアイフルの審査通過率は40%前半~半分程度なのです。2人1は落ちていますので、確実に審査は行われています。

結論:即日でお金を借りる必要となる時は考えられます。ただ多くの場合は、事前に必要となることが分かっているものなので、カードローンからお金を借りるにしても、余裕をもって申込をしておきましょう。即日審査だからといって審査が甘いわけでもなくきっちり審査は行われています

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。