1. ホーム
  2. 銀行カードローン
  3. ≫みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン紹介
メガバンクの1つみずほ銀行のカードローンは、低金利でお金を借りることができます。

みずほ銀行カードローンを利用するには預金口座が必須となります。カードローンと口座開設の同時申込はできますが、カードローンの審査に通っても、口座開設しないとお金を借りることはできません。急いでいる場合は、口座がないのであれば利用はしない方がいいでしょう。

みずほ銀行カードローンの商品内容

限度額 上限800万円
借入利率 2.0%~14.0%(実質年率)
遅延利率 19.9%(実質年率)
申込みいただける方 満20歳以上満66歳未満の安定かつ継続した収入のある方
株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる方
収入証明書 50万円超で必要
預金口座 必要

みずほ銀行カードローンの金利は?

限度額基準金利(引下適用後の金利)
10万円以上100万円未満年14.0%(年13.5%)
100万円以上200万円未満年12.0%(年11.5%)
200万円以上300万円未満年9.0%(年8.5%)
300万円以上400万円未満年7.0%(年6.5%)
400万円以上500万円未満年6.0%(年5.5%)
500万円以上600万円未満年5.0%(年4.5%)
600万円以上800万円未満年4.5%(年4.0%)
800万円年2.0%(年1.5%)
※住宅ローンの利用でカードローンの基準金利から0.5%引き下げ

みずほ銀行カードローンの上限金利は14.0%になっています。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の3大がバンクの中では一番低くなっています。

金利は、限度額が大きくなるにつれて、低くなっていきます。初めてお金を借りる時は100万円未満が多く、14.0%が適用されるでしょう。

みずほ銀行カードローンの返済額は?

前月10日の残高限度額200万円以上限度額200万円未満
1万円未満前月10日現在の残高前月10日現在の残高
1万円以上50万円以下1万円1万円
50万円超100万円以下1万円2万円
100万円超150万円以下2万円3万円
150万円超200万円以下2万円4万円
200万円超以降残高が100万円増すごとに1万円増残高が50万円増すごとに1万円増

返済額は残高と限度額によっても変わります。初めて借りる時の限度額は200万円未満が多くなるため、50万円ごとに返済額が1万円増えます。

限度額200万円未満の返済額は、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンと比較すると高い設定になります。

また50万円ごとで増えるため、少額しか借りない人は負担が大きくなります。10万円ごとで返済額が変わるカードローンを選んだ方が、少額しか借りない人は負担が小さくなります

みずほ銀行カードローンではいくらまでお金を借りられる?

みずほ銀行カードローンは、年収(税込)の1/3までしかお金を借りることができません。

トップページでも説明してますが、消費者金融からは総量規制(法規制)によって年収(税込)の1/3までしか借りることはできません。

一方銀行カードローンからは、年収に関係なくいくらでも借りることができ、法律で規制されていません。

ただ、銀行の過剰貸付が社会問題となったため、自主規制で年収の1/3までとしています。

年収の1/3の申込をしてしまうと審査には通らないため、申込前には年収は確認しておきましょう。

みずほ銀行カードローンの申込方法は?

・パソコン
・スマートフォン
・郵送(メールオーダー)
・電話・窓口

パソコン・スマホからなら24時間365日いつでも申込できて便利です。

電話での申込は、0120-324-555(月~金9:00~20:00)から行うことができます。音声ガイダンスに従って①を押してください。

ただし注意点があります。みずほ銀行カードローンは土日の審査に対応していません

土日に申込をした場合は、翌営業日以降に審査結果の連絡が届くことになります。

みずほ銀行カードローンの借入方法は?

・ATM
・みずほダイレクト(別途申込必要)
・自動貸越機能(キャッシュカード一体型のみ)

自行ATMだけではなく、コンビニ等の提携ATMを利用することができます。ただ、自行ATM以外を利用すると手数料が必要となります。

みずほダイレクトの利用時間は、月~金の0:00~15:00までになっています。

自動貸越機能とは、預金口座の残高が不足する場合に、限度額内で自動的に融資をしてくれるものです。キャッシュカードをローンカードとして利用している場合に限り、利用することができます。

みずほ銀行カードローンの返済方法は?

・自動引き落とし(毎月必須)
・ATM(任意返済)
・みずほダイレクト(任意返済)

みずほ銀行カードローンは、毎月10日(休みの場合は翌営業日)に自動引き落としで返済をしなくてはいけません。

引き落としがかかるのは返済日当日の夜間になります。引き落としがかからなかった場合は、翌日以降に口座へお金を入金すれば、引き落としがかかります。

ATMやみずほダイレクトの返済は、お金に余裕がある時に追加返済の時に利用します。10日にATMから返済をしても、引き落としはかかるため、注意が必要です。

みずほ銀行カードローンのweb完結

みずほ銀行カードローンはweb完結することができるため、契約書の記入や来店する必要がありません。

そしてローンカードの発行も必要なく、手元にある普通預金口座のキャッシュカードを使って、ATMから借りることができます。

契約書とローンカードの郵送はありませんが、契約内容確認書は郵送されます。借入がバレたくない人は、気を付ける必要があります。

ネットから申込(24時間申込可)
審査
必要書類提出(50万円超は収入証明書必要)
契約完了
キャッシュカードで借りる

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。