1. ホーム
  2. 銀行カードローン
  3. ≫三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン紹介
三井住友銀行カードローンは、銀行の中で貸付残高が1位となっています。

ローン契約機も多く設置してあり、プロミス契約機も利用することができます。

三井住友銀行カードローンは預金口座がなくても利用することができます。

預金口座を持っていればweb完結やキャッシュカードで借入や返済ができるとういうメリットがあります。

三井住友銀行カードローンの商品内容

限度額 10万円~800万円
借入利率 4.5%~14.5%(実質年率)
遅延利率 19.94%(実質年率)
申込みいただける方 満20歳以上満69歳以下の安定した収入のある方
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
収入証明書 50万円超で必要
預金口座 不要

三井住友銀行カードローン金利は?

限度額金利
100万円以下12.0%~14.5%
100万円超~200万円以下10.0%~12.0%
200万円超~300万円以下8.0%~10.0%
300万円超~400万円以下7.0%~8.0%
400万円超~500万円以下6.0%~7.0%
500万円超~600万円以下5.0%~6.0%
600万円超~700万円以下4.5%~5.0%
700万円超~800万円以下4.0%~5.0%

三井住友銀行カードローンの金利は限度額によって決定されます。限度額が高くなっていけば、金利は低くなります。低い金利で借りるに限度額を高くする必要があります。

ただ初めての契約で100万円超のお金を借りることができるのはめったになく、100万円以下がほとんであり、金利は上限金利の14.5%が適用されるでしょう。

三井住友銀行カードローンの返済額は低い?

返済時の借入残高約定返済額
1円~1,999円借入残高全額
2千円~10万円2千円
10万1円~20万円4千円
20万1円~30万円6千円
30万1円~40万円8千円
40万1円~50万円1万円
50万1円~60万円1万1千円
60万1円~70万円1万2千円
70万1円~80万円1万3千円
80万1円~90万円1万4千円
90万1円~100万円1万5千円
100万1円~110万円1万6千円
110万1円~120万円1万7千円
120万1円~130万円1万8千円
130万1円~140万円1万9千円
140万1円~150万円2万円
150万1円~160万円2万1千円
160万1円~170万円2万2千円
170万1円~180万円2万3千円
180万1円~190万円2万4千円
190万1円~200万円2万5千円
200万1円~210万円2万6千円
210万1円~220万円2万7千円
220万1円~230万円2万8千円
230万1円~240万円2万9千円
240万1円~250万円3万円
250万1円~260万円3万1千円
260万1円~270万円3万2千円
270万1円~280万円3万3千円
280万1円~290万円3万4千円
290万1円~300万円3万5千円
300万1円~350万円4万円
350万1円~400万円4万5千円
400万1円~450万円5万円
450万1円~500万円5万5千円
500万1円~600万円6万円
600万1円~700万円6万5千円
700万1円~800万円7万円

三井住友銀行カードローンの返済額は最低2000円からと低い設定になっています。

当然残高が増えれば返済額は上がりますが、他カードローンと比較すると低くなっています。

毎月の返済を抑えたい人は、三井住友銀行カードローンがおすすめです。

三井住友銀行カードローンの申込方法は?

・PC スマホ
・インターネットバンキング(SMBCダイレクト)
・ローン契約機


三井住友銀行カードローンの申込方法は、PC・スマホインターネットバンキング(SMBCダイレクト)ローン契約機電話となっています。

PC・スマホから申込をしてローン契約機でカードを受取もできます。口座(キャッシュカード)を持っていれば、ローンカードとして利用できます。

三井住友銀行カードローンの借入方法は?

・ATM(提携ATM)
・インターネットバンキング(SMBCダイレクト)
・自動融資(バックアップ)


三井住友銀行カードローンの借入方法はATMインターネットバンキング(SMBCダイレクト)自動融資(バックアップ)の3つになります。

自行ATMだけではなく、コンビニ等の提携ATMも借入できます。SMBCダイレクトを契約しておけば、振込での融資も可能となります。自動融資とは公共料金やクレジットの引き落としが残高不足によりできない時に、不足分をカードローンの限度額内で自動的に融資してくれるものです。自動融資は支店や契約機で別途手続きが必要です。

三井住友銀行カードローンの返済方法は?

・ATM(提携ATM)
・振込
・口座振替


返済方法はATM振込口座振替の3つです。

ATMは借入方法と同じくコンビニ等の提携ATMで行うことができます。振込はSMBCダイレクトを利用するため、15時以降になっても当日振込になります。口座振替は三井住友銀行の口座が必要です。口座振替は最低返済額になるため、追加返済はATM等で行う必要があります。

返済日は5日・15日・25日・月末の4つから選択することができます。

三井住友銀行カードローンはATM手数料が0円

提携ATM
三井住友銀行カードローンは自行ATMだけではなく、提携ATMも手数料0円利用できます。キャッシュカードを使う時も手数料は必要ありません。

ATM手数料を抑えたい人は、三井住友銀行カードローンがおすすめです。

三井住友銀行カードローンのweb完結

web完結のメリット

・来店不要で手続き完了
・キャッシュカードでさっと借入
・webから必要書類提出

三井住友銀行カードローンは口座不要で借りることができますが、口座があればweb上で契約を終わらせることができます。

わざわざ来店したり、契約書を返送したりする必要もないため、非常に便利です。本人確認書類などの必要書類はwebから提出することができます。

そして契約が終われば、わざわざローン契約機へ行ってローンカードを受け取らなくても、キャッシュカードを使って提携ATMから借りることができます。

申込

必要事項を入力して送信する

本人確認書類提出・審査

本人確認書類(免許証等)や50万円超の場合は収入証明書を提出する。webから提出することができます。

審査結果連絡

審査結果は入力した電話番号またはメールアドレスに連絡がきます。

キャッシュカードで借りる

審査に通り、webで契約を完結させれば、手元にあるキャッシュカードお金借りることができます。

三井住友銀行カードローンは年収で借りれる金額が決まる?

三井住友銀行カードローンからは、年収の1/2または1/3までしか借りることができません。

銀行カードローンの過剰貸付で自己破産が増加したと社会問題となっているため、自主規制という形で融資上限を設定しています。

2017/12現在は、3大メガバンク(三井住友銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行)が年収によって融資できる上限を決めていますが、今後はそれ以外の銀行も対応していくでしょう。

今のところ三井住友銀行が、年収の1/2か1/3までとしているかわかりませんが、三井住友銀行カードローンへ申込する時は、年収の1/3までの金額にすることをおすすめします。

三井住友銀行カードローンへの申込をする時は、年収の1/3までにしておけば確実でしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。